一般名:ミルタザピン(リフレックス・レメロン)とは

リフレックス(レメロン)の効果と副作用

最大の副作用は強烈な眠気!

リフレックスはNassa(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)と呼ばれる抗うつ剤で、ノルアドレナリンやセロトニンを増やす事でその効果が期待できる薬です。
リフレックス|レメロン|15mg|30mg
【リフレックス】写真は「リフレックス 30mg錠」

比較的新しい薬でまだジェネリック(後発薬)は販売されていません。
15mgと30mgが発売されています。

リフレックスの特徴は、他の抗うつ剤(三環系抗うつ剤やSSRI、SNRIなど)と全く異なる作用機序で気分を改善させてくれる事です。

セロトニンの体内吸収を阻害し濃度を上げるのではなく、ノルアドレナリンとセロトニンの神経伝達を増強しセロトニンの分泌量を増やします。

また、一般的なこれまでの抗鬱薬が効果が期待できるまで服用から早くても2週間かかり、用量も徐々に増やしていかなければならないのに対し、このリフレックスは最初から治療に有効な用量から飲み始められる上、数日で効果が現れると言う優れものです。

さらに、三環系抗うつ剤やSSRIなどに多くみられる性機能障害や胃腸障害(とくに吐き気や便秘)などの副作用もほとんどありません。

しかも専門機関のデータではリフレックスは「うつ症状への効果が最も高い」と評価されています。

リフレックスの特徴と優れた点を書いてきましたが、この薬にも特徴的な副作用はあります。

それはなんと言っても眠気と食欲の増進です。

15mgから服用を始めましたが、服用後20分ほどで強烈な眠気に襲われました。
今まで飲んだ精神安定剤や睡眠薬よりもはるかに強力で、体に力が入らないくらい、ある意味心地よい睡魔でした。

この眠気と脱力感は起床後も続き、夕方近くまで起き上がるのが億劫なくらいでした。

この強烈な眠気は3日ほどで治まり、朝もなんとか起きれるようになり、5日目にはほぼ通常通りに戻れたと記憶しています。

なので、仕事などが休めない人は服用開始後しばらくは注意が必要だと思います。
もちろん個人差がありますが、念のため仕事は休むか、休みの前日から飲み始める事をオススメします。

もうひとつの副作用「食欲」については残念ながら数日では治まりません。
これも個人差があると思いますが、とにかくお腹がすいてしまいます。
食事の一回量は変わらないとしても、食事後から空腹を感じるまでの時間が実に短く、一日中、空腹を感じてしまいます。

これは2年以上服用していますが、現在も治まる気配がないので、飲んでる間は付き合っていかなければならないものなのかなと諦めています。
もうすでに10Kg以上、体重が増えていて、リフレックスを服用する限り、この面での体調管理が必要であると実感します。

リフレックスの効果

では、実際にリフレックスを飲んでみて効果はどうか?

医師の判断でレクサプロからリフレックスに薬が変わったのですが、結論から言うとよく効いていると思います。

元々、強いうつ症状で、と言うよりは自律神経失調症、心臓神経症などで心療内科に掛かっているので、うつ病に効いているかと聞かれると少し困りますが、セロトニン増加の恩恵なのか、不安・焦燥感についてはかなり軽減されていると実感します。

もちろん、メイラックスやワイパックスなどの精神安定剤を併用しているので、効果の特定は難しいのですが、ベンゾジアゼピン系の安定剤は長期の服用ですっかり耐性が出来てしまい、それらの薬だけでは効果を感じることが出来ない中、症状が悪化することなく過ごせている事からリフレックスの薬効を信じるところです。