自律神経失調症
うつ病・神経症に効く薬

このエントリーをはてなブックマークに追加
auひかり
スマートフォン・ひかりの乗換えなら
断然「auひかり」がお得!

■他社回線の乗換えならなんと
最大12万円以上の還元!!
さらにスマホとセットなら
スマートバリューで毎月2,000円割引!

デパス(エチゾラム)が麻薬及び向精神薬取締法により向精神薬の指定を受けます

麻薬及び向精神薬取締法と向精神薬


厚生労働省の法令(麻薬及び向精神薬取締法)改正案の中にデパス(エチゾラム)・アモバンなどが向精神薬として指定されることが決まり10月(2016年)辺りから施行されます。

この指定を受けることで一体どうなるのか?
デパスを愛用する諸兄と自分自身のために詳しく見ていきましょう。

向精神薬とは?

ひとことで言うと脳の中枢神経に作用する薬(科学物質)のことです。

大別すると、
精神科などで処方されるもの
「抗精神病薬」「抗うつ薬」「気分安定剤」「抗不安薬」「睡眠薬」など
乱用と健康被害が懸念されるもの
「タバコ」「アルコール」など
法律で禁止されているもの
麻薬と呼ばれる「コカイン」「覚せい剤(アンフェタミン)」「幻覚剤(LSDなど)」
などがこれにあたります。

日本国内での向精神薬とはつまり、麻薬及び向精神薬取締法で個別に指定された薬物を指します。

向精神薬に指定されるとどうなるのか?

では実際にこの法改正が施行されるとどのようになるのでしょうか?
主な制限・規制は以下の通りです。

処方量が14日(2週間)~1ヶ月の制限を受ける
個人輸入が出来なくなる/個人輸入代行での購入が出来なくなる
海外旅行への携帯が制限を受ける

これに加えて病院側の薬の管理方法なども厳しくなるようで、
今まで比較的安易にデパス(エチゾラム)を処方してきた医師も慎重になるでしょう。

自分自身も個人輸入でデパスを購入していた時期もあるし、忙しくて病院に行く時間がない人や、近くに十分な量を処方してもらえず個人輸入代行を利用してる人にとっては痛いですね。

とは言えもともとデパスは同種の抗不安薬と比べてはるかに活性が強い薬であるにも関わらず、向精神薬に指定されていないのが問題とされていたので、これはこれで止む無しと言ったところでしょうか。

余談ですが、なぜ今までデパスが向精神薬の指定を受けていなかったかと言うと、
1990年に「麻薬取締法」が法改正で「麻薬及び向精神薬取締法」に変わった時に、定義の参考にアメリカFDAの「規制物質法」を丸写しのような形でしてしまった為、当時アメリカでは未発売のデパスが指定されなかったのです。


0円パソコン

連載体験談「デパス服用から2年」TOP

自律神経失調症|うつ病・神経症に効く薬TOP