医師の勧めでレクサプロと安定剤(メイラックス・デパス)の併用へ

SSRI「レクサプロ」と安定剤


心療内科に通うようになり、ふた月ほどはメイラックス(ロフラゼプ酸エチル)をメインにデパス(エチゾラム)を頓服に、と言う投薬でしたが、 ある程度効果はあるものの、突発的な動悸や焦燥感、冷や汗などの症状がありました。

そんなある日の診察で医師が、

「あなたの場合、神経症または自律神経失調症には違いないが、
根本的にストレスに強くなるために抗うつ剤を服用してみませんか?」
との話が。

薦められたお薬はSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)である「レクサプロ」でした。

これは以前にも書いた個人輸入代行で手に入れ、勝手に飲んで洗礼を受けた薬です。
簡単に言うと一度生成されたセロトニンが体内に吸収されるのを阻止して脳内のセロトニン濃度を上げると言う説明を受けました。

この薬の事はもちろん知っていました、一度地獄を見てますから(笑)

この「レクサプロ」は他の抗うつ薬(SSRI)に比べて

・セロトニン選択性が高い
・効果の発現が早い
・副作用が少なく比較的安全である

このレクサプロは比較的新しい薬で、薬学の研究データでも古くからある抗うつ剤と比べると高いスコアを出しているそうです。

飲み初めから治療量が服用できるのが大きな利点で、セロトニンの再取り込み阻害以外にはほぼ作用しないのも評価されてる点だと思います。
それだけ副作用が少ないってことですから。

しかし、このレクサプロの強烈な吐き気・胃腸の不快感は有名な話で、以前の経験もあり、あまりいい印象は持っていませんでした。

体内のセロトニンはほとんどが胃腸にあるようで、レクサプロの作用によってセロトニンの濃度が上がると胃などが刺激を受けて吐き気や不快感を誘うらしいです。

ただ、この副作用も数日から数週間でたいていは収まるとも聞いていたので、あらためて挑戦してみる事にしました!

今まで処方されていたメイラックス(ロフラゼプ酸エチル)との併用となりました。
レクサプロの服用後記はまた次回に・・・・。

連載体験談「デパス服用から2年」TOP

自律神経失調症|うつ病・神経症に効く薬TOP