心療内科での受診と抗不安薬(デパス)からメイラックスへの移行

デパスの長期服用から心療内科での診察


さすがに2年以上、この薬と付き合っていると耐性がつきます。

飲んだ直後の効き目は飲み始めた頃とあまり変化はありませんが、症状が治まってる時間がどんどん短くなってきます。
当初、デパスを服用後4~5時間効いていたのが、よくても2時間くらいで薬が切れたのが分かるようになってきます。

神経や精神の疾患、いわゆる精神病という診断を受ける社会的なハンデを受けるのが怖くて精神科や心療内科での診察は避けてきました。

1番のネックはちゃんとした生命保険に加入していなかったことでしょうか・・・。
知人の話やネットで調べても、統合失調症やうつと診断されれば生命保険への加入はほぼ絶望的となっていたからです。

しかし、いろんな事を考えてもこのあたりが限界かな、と思って心療内科で受診することに決めました。

2ヶ月ほど前からある心療内科に通っています。
この病院で初めて「メイラックス」という薬を処方されました。

その経過と治療、薬の変化の具合など、また次回に書きたいと思います。

連載体験談「デパス服用から2年」TOP

自律神経失調症|うつ病・神経症に効く薬TOP